ドライブレコーダーを取り付けるとこんなメリットが

近年はタクシーなどの営業車だけでなく、個人が所有する車の多くがドライブレコーダーを搭載しています。その最大のメリットと言えば何といっても事故にあったときなどの決定的な証拠になるという点です。これまで交通事故の当事者になっても、目撃者情報などを集めるのは簡単なことではなく、同乗者の証言などに基づいて検証しても事実とは違った主張をされてしまうことも珍しいことではありませんでした。接触事故などを起こしてしまったときには一般的にはほぼ車側が全面的な過失を負うことになりますが、例えば事故の相手方の自転車などが急に飛び出してきたり危険運転をしていたりする映像が搭載したドライブレコーダーに映っていたら、場合によっては自分の過失の度合いを下げることができる可能性があります。

目撃者証言などは時にはけがをした側に同情的になって必要以上に運転者側の落ち度を強調するような内容になるケースがありますが、映像として残っていれば冷静に合理的に判断することができ、結果的には自転車などの過失内容が明確になることで、その後の安全運転への意識を高めることにもつながります。最近は急ブレーキや幅寄せなどを仕掛けてくるあおり運転が原因で重大な事故につながる例が注目されていますが、前後にドライブレコーダーのカメラを設置しているケースも増えており、今話題のあおり運転などの証拠としても有効で、そうした危険な行為の抑止力なることも期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です