デジタコをクラウド型に移行する

デジタコはデジタルタコメーターの略で、走行時の速度や時間や加速、減速など走行時の様々なデータを記録する事ができます。。データも保存できるので膨大なデータを解析して、傾向を掴むことに繋がります。企業の場合はドライバーの運行時のデータを解析して、効率の良いルートを割り出したり、ドライバーの安全に関する指導や業務の効率化に関する指導に役立てる事ができます。

また燃費の向上や事故の防止にも役立つので、企業にとってコストの圧縮に繋げる事も可能です。デジタルタコメーターにはクラウド型のものがあって、走行データをクラウド上に保存していきます。従来のデジタコと比べて優れているのは、メモリーに保存していくよりも膨大なデータを保存できます。さらに物理的にデータを保存していた媒体を紛失したり、破損してデータを失うという事がないので、記録を守るという点でも優れています。

クラウドセンターに保存されたデータを基に、人がマニュアルで作成していた日報を自動で作成してくれるので、記録から傾向を把握しやすい状態に自動でしてくれるのもメリットです。事業規模が大きくて運行する車両の量が多くて、大量のデータを保存して解析したい企業や広範囲に事業所があって、物理的に記録を保存した媒体を持ち運んで管理するのにリスクがある企業にはより大きなメリットがあります。記録を保存する媒体を用意する必要もないので、デジタコはデバイスに必要だったコストも圧縮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です