トラック会社で使用するデジタコ

地球温暖化が進んで、現在では深厚な状態になってきています。トラック会社では二酸化炭素を削減しようとするために、様々な努力をしています。一番力を入れているのが燃費の向上です。燃費を向上することによって、会社も助かり、タイヤや車体の痛みも軽減させることができます。

しかし、車は人間が運転していますので様々な性格があり、皆が一緒の走りをしているわけではありません。運転に関して一定のリズムを保たなくてはいけない時は、システム上で管理するしかないのです。そこで使用されているのが、デジタコになります。デジタコはすべてデータ管理されています。

チップの容量にもよりますが、一週間くらいの走行記録を残すことができるのです。記録内容から、会社側で厳しい取り締まりを行う事ができます。例えば、会社で速度を決め速度オーバーをした場合、ペナルティを与えることによって燃費を抑えることができます。データ管理することはとても大事なことで、グラフなどで社員に明確にすれば、気を付けようと前向きに動き始めていくのです。

急ブレーキ、急発進にも敏感に対応するシステムもあり、タイヤを長持ちさせることができます。低燃費を考えた運転の仕方をしていれば、体が自然と燃費を考えた運転になっていくのです。デジタコは、会社だけが得するものではなく、長い目で見ることによって地球環境にも大きな役割を果たしているのです。自家用車運転時も家計にやさしい運転になる事は間違いないでしょう。

もっとより良い発見につながっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です