コレだけは押さえておきたいデジタコの基礎知識

まずデジタコについて簡単に説明すると運行記録計を意味します。使用方法はデジタルタコグラフ拡張性を活用して、ドライブレコーダーなどの外部機器を接続することで、連動させることが可能です。また連動させることで、運転時の状況を詳しく計測して、データを集めることが出来ますし、リアルタイムで運行支援をすることが出来るのが魅力です。ちなみにデジタルタコグラフは車を運転している時の速度、走行時間、走行距離といった情報をメモリーカードに記録する為のデジタル式運行記録計を指します。

記録紙の従来のアナログ式とは異なるいろいろな特長があり、ドライバーの業務管理と安全性を高めてくれます。次にデジタコを活用することのメリットは車を運転する時の正確な情報をリアルタイムに記録することが出来る点です。そして機種により、運行データ以外にも位置情報、エンジン回転数を記録することが可能になります。また急加速、急減速やアイドリングの無駄などを明確に見える化することで、安全運転意識が高くなりますし、アイドリングを減らすことで燃料を軽減することに繋がるのが魅力です。

あとデジタコで記録されたデータですが、パソコン、専用ソフトウェアを使うことで誰でも簡単に解析できるようになっています。またデータを基として、運転日報、乗務記録といった帳票が自動作成可能です。だから事務業務の効率化に繋がり、勤務時間を減らしたり、他の仕事をすることが出来ます。ちなみにGPS内蔵機種なら車の位置情報も記録出来、運行位置をリアルタイムに視覚化することで、ルート検討、最適化に繋がります。

他にもデータが電子記録メディアに自動で記録されるからデータの保存と管理が楽に出来るのがメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です