最近のデジタコについて

デジタコとはデジタルタコグラフの略で、タコグラフとは自動車に取り付ける運行記録計のことです。つまりデジタコとはデジタル化された運行記録計ということができます。そもそも運行記録計と言っても、一体何を記録するものなのでしょうか。これが実はアナログ時代とデジタル時代で基本的な差が大きいところなのですが、アナログの時代には、簡便な方法で多数のデータを自動的に記録することは困難でした。

率直に言うと、その時代には、自動的にゆっくりと回転する円盤の上に記録用紙を載せておき、スピードメーターと連動したペンがその用紙の上に記録していくようなもので、要するにある時間にその車が時速何キロで走っていたのかを示すものだったのです。ところがデジタコが普及するようになると、そもそも今の自動車は機械装置というよりも電子機器といったほうが適切なくらいにコンピューターやデジタルデータで溢れています。ですから、何も好んでスピード情報だけを記録する必然性はなくなってきており、その気になりさえすれば考えられるあらゆる情報を記録できるようになってきているのです。思いつくままに書くだけでも、エンジンの回転数、アクセルやブレーキの操作、GPSと連動させての位置情報などが挙げられます。

時間経過とともにこれらの数多くの情報をまとめてメモリーカードなどに記録することができ、主に営業用の車両などの運行管理にあたって大きな力を発揮するようになってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です