ドライバーのためにデジタコを設置しよう

事業者へのタコグラフの導入は、非常に重要なことです。一定の条件を満たしている車両に関しては、タコグラフの導入が義務付けられているため、コスト面を考慮しても使いやすいものを導入しなくてはいけません。この中でも、最も人気が高いのデジタコと呼ばれるものです。そもそも、事業者がタコグラフの導入を義務付けられているのは、そこに在籍しているドライバーの安全性を確保するためです。

運送を生業とするドライバーは、長期的に業務を遂行しなくてはいけませんので、時間外労働になってしまうことも多い現状です。しかし、従来型のタコグラフでは現状で運送を行っているドライバーの状況をなかなか把握することができませんでした。そこで、デジタコが開発されました。デジタコの最大のメリットは、多機能が付いているものを利用することで位置情報からドライバーが現状でどういった運転をしているか、または安全な運転をしているかなどを特定することができる点です。

元々、タコグラフは走行状況を記録するために開発されたものですが、デジタコはそれに加えてGPS機能などを用いた位置情報の特定も出来ます。ですから、きちんと業務を行っているかどうかが簡単にわかるようになり、時間外労働で無理な業務を強いられていないかを確認できます。実際に、デジタコがあればドライバーから積極的に情報提供をしてもらわなくても、ネットワーク通信で情報を保存することもできるようになるため、会社にとって非常に魅力的な装置だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です