リアルで情報を確認できるデジタコのメリット

デジタコは、それまでのアナログ式のタコグラフと比較しても非常に使いやすくて便利な機能を持っています。従来までのタコグラフは、チャート紙というものに情報を記録していくことになっていたので、そこで得られたデータを解析して別の記録媒体に保存しなくてはならない面倒さが存在していました。データを保存するためのデバイスが必要なだけではなく、それを管理するためのスタッフや、維持管理するためのコストが必要になりますので、想定よりも大きなコストが必要になることも多かったです。このような煩わしさが存在しないのが、デジタコの大きな魅力です。

例えば、高品質なデジタコの中にはクラウドサーバーを利用した製品も存在します。クラウド技術は、ネットワークを利用してサービスを利用できるという点で、非常にメリットが多いものです。本来、データを管理するためには自社専用のサーバーを準備して保守していく必要があります。しかし、クラウドサーバーの場合にはこのようなことをしなくても済みます。

わざわざ自社のコンピュータにデータを入れ替える必要がなく、リアルタイムでデータを記録していくことが可能です。実際に、それまでのタコグラフではリアルタイムでの記録ができなかったので、ドライバーが協力をしてくれないと必要なデータを保存することができませんでした。デジタコの場合には、直接的にクラウドサーバーに保存していくことも可能であるため、労働者を管理するための情報を簡単に蓄積できます。ですから、社会的な信用性を高める意味でもとても重要です。

デジタコのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です