便利なデジタルタコグラフ

デジタルタコグラフは、運転者の安全を管理するのに役立てられているアイテムです。走行時間や速度、距離などを記録する記録計で、データはメディアに記録できるようになっているのが一般的です。もし車両に事故やトラブルが起こったときには、状況を分析するための資料として記録したデータが役立てられることもあります。デジタルタコグラフを始めとした運行記録計は、一定の規模の事業用の車両に装着しなくてはならないと決められています。

もし設置していなければ、違反となってしまうため義務付けられている事業用車両を運転する際には忘れずに使える状態にしておかなくてはなりません。設置義務がある運行記録計は必ずしもデジタル式である必要はなく、アナログ式のタコグラフでも構わないとされています。しかし時代の流れから、新しく設置する場合にはデジタルタコグラフが選ばれることが多いようです。アナログタコグラフも運転の速度や走行距離、エンジン回転数などをチェックする事ができますが、データの解析が難しいことから誰でも簡単にデータを読むことができる点からもデジタル式のものが便利です。

デジタルタコグラフは、運転手が長時間運転することのないよう管理する目的で使われています。これにより交通事故を起こすリスクを減らすことができると考えられています。もし設置するべき車両に設置していなかったり、使えない状態であったりすると一般違反行為になってしまうため注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です