デジタルタコグラフを導入する際の注意点とは

デジタルタコグラフには様々な種類があるので、導入を検討しているのであれば機能や価格に注意が必要です。なるべくコストを抑えてデジタルタコグラフを導入したい場合には、単機能型のものを選ぶとよいでしょう。単機能型は法定3要素と呼ばれる速度や距離、時間を記録する機能と簡単な運行管理機能を備えています。標準型や多機能型であればドライブレコーダーとの連携や各種帳簿の作成などが可能ですが、導入には30万円以上のコストがかかります。

単機能型は安ければ5万円台から導入できるので、なるべくコストを抑えたい場合に最適です。標準型は単機能型と比べると機能性が優れており、ドライブレコーダーと連携すれば事故の瞬間を記録できます。ドライバーの安全意識を改善できるだけでなく、万が一事故が発生した場合でもスムーズに原因を究明できるので安心です。事故を未然に防いで安全な運行が可能になれば業務の効率も向上します。

さらに標準型はコストを抑えながら各種帳簿を作成できるというメリットもあります。多機能型はハイグレードなデジタルタコグラフであり、標準型の機能に加えてドライバーのアルコールチェックや燃費の管理など様々な機能を備えています。速度を超過した場合のアラーム通知機能などもあるため、安全性と業務効率を重視する場合に最適です。多機能型を導入するにはコストがかかりますが、様々なオプションを選べるというメリットもあります。

ドライバーや運行管理者の負担を軽減しつつ、業務効率の向上を図りたい場合には多機能型を選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です