会社の営業車でも活用できるドライブレコーダー

自動車のアクセサリーや車内パーツの中には、ドライブレコーダーがあり、現在では一般的な方でも購入して取り付けを行っている方も増加しています。道路上でのトラブルの証拠を残すためには非常に効果的な機器になり、証拠が無いために不利益を被ってしまうという理不尽なことを避ける上でも役立つ機器として利用されています。ドライブレコーダーは一般車の他、タクシーやバスでも採用していることが多い傾向にありますが、会社経営をしている方で自社の営業車両を何台も保有しているのであれば、全車にドライブレコーダーを装備として付けておくと安心です。営業車両の場合は、1日の走行距離が多い会社があり、顧客先を移動させながら営業社員が運転をしているので、事故に遭遇してしまう可能性は高まります。

営業車に対しては会社側で任意保険に加入をしているものですが、交通事故を頻繁に起こしてしまうと、当然ながら保険料金が跳ね上がってしまい、経費を圧迫される問題が浮上します。そこでドライブレコーダーを取り付けておくと、事故に遭遇した際にも過失割合を正しく判断してもらえる他にも、過失がゼロという証拠も残せます。法人利用の際には、必要経費として処理をすることができるので、各営業車両についてはある程度高額で有名メーカー品の機種を選んでおいた方が長期間利用できるメリットや、壊れにくいメリットを感じると共に、有名メーカー品は画素数が高いので、鮮明な映像保存にも貢献できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です