ドライブレコーダーの特徴と魅力

ドライブレコーダーは、運転している車から車外の映像や音声を記録することが出来る装置です。急ブレーキを踏んだり、車両に衝撃を受けたりしたときに自動的に録画・録音することが出来るようになっているのが一般的です。フロントガラスの辺りに取り付けて前方を撮影するものが普及していますが、車の後方も撮ることができるタイプや車内も撮影できるものなどがあります。ドライブレコーダーは映像を撮影することができるだけではありません。

時刻や位置、さらには運転中の加速度なども記録することが出来るようになっている製品が人気を集めています。これらの情報と映像・音声があれば、運転をしている際にどのような状況であったのかをより詳しく知ることができるのが魅力です。他のドライバーとのトラブルや交通事故に遭ったときには、状況の分析に役立てることができるでしょう。製品の種類にもよりますが、ドライブレコーダーは車に衝撃を受けたときに前後の一定時間の映像や音声を自動記録できるものが多いです。

運転している最中はもちろんのこと、エンジンをかけていなくても振動を検知して録画できるものもあります。このような製品なら、駐車して無人になったときに車に何か起こったとしても、あとから何が起こったのかをチェックすることが出来るのが魅力です。駐車場での当て逃げや、車へのいたずらの対策をしたいと考えるのであれば、駐車中でも記録できるタイプの製品を使用するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です