ドライブレコーダーを選ぶ際のポイント

事故やトラブルに遭ったときに役立つ可能性があるドライブレコーダーは2005年くらいから一般にも普及しはじめ、今では様々な種類のものが売られるようになりました。一般的な機能には、車内外の映像や音声を記録することができるというものが挙げられます。またGPS機能が付いていて、時刻と併せて位置や加速度なども記録できるようになってるものが多いです。カメラと本体でできていて、一体型になっているものや本体とカメラが別になっているものがあります。

ドライブレコーダーを選ぶ際には、どのような目的で使用するのかをはっきりさせておくことをおすすめします。様々な製品が売られていてその値段の幅も広いため、使用目的に合った機能を持つ製品を選ぶことで納得のいくアイテムが手に入れられることになるからです。運転中の映像が撮影できればよいのか、駐車中の状況も記録しておきたいのかによって選ぶべき製品は変わってくるでしょう。また画質や撮影できる範囲、形状などにも違いがあるので、自分に合った物を選ぶ必要があります。

ドライブレコーダーを購入する際には、記録したいものがしっかりと記録できるような画素数・画角のものを選ぶということが大切です。画素数は映像の鮮明さに関わるもので、この数が大きいほど綺麗な画質になるという特徴があります。解像度が良くないと、いざというときナンバープレートがはっきり読み取ることができないということにもなりかねないからです。ドライブレコーダーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です