様々な機種があるドライブレコーダー

運転中にトラブルや事故が起こった場合、客観的な資料となることもある映像を撮影できるのがドライブレコーダーです。車に取り付けておくと、いざというときに役立つ可能性があります。また設置していれば事故を起こさないような安全な運転に対する意識が高まったり、ドライブ旅行の記念になるような映像が撮れたりもします。一般的なドライブレコーダーの機種には、運転中の映像や音声を記録するという基本機能がついています。

しかしそれだけでなく、多くの製品にはWi-FiやGPS、音声案内など様々な機能が付いている場合が多いです。無線LAN機能が付いている機種は、より便利に利用することができるでしょう。GPSは場所と時間を記録し、この測位機能を用いると走行中の速度も分かります。地図と合わせて記録を見ることができるものなら、あとで確認するときにも分かりやすいです。

音声案内は、ドライブレコーダーの操作をするときに、音声で教えてくれる機能です。また運転中に、スピードを出しすぎた際に教えてくれたりもします。ドライブレコーダーはこのように様々な機能をもっている機種が売られています。また録画方法もそれぞれの製品によって異なることがあるので、選ぶ際には注目する必要があるでしょう。

常時録画はその名の通り、常に録画をし続けるタイプです。一方、イベント録画は車両に加わった衝撃を感知して自動的に録画をするというものです。どちらかのみの場合もありますが、兼ね備えている機種もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です