ドラレコとは何に使うものか

ドラレコとはドライブレコーダーのことで、自動車に取り付けて走行中や停止中の映像を記録します。映像を記録することによって、交通事故や危険運転行為を録画して保存し、保険会社や警察に証拠として提示、提出することが出来ます。事故が起こった時はただでさえ焦っているのに、相手と自分のどちらが悪いかや、動いていたか止まっていたかなど相手と意見が食い違うと不安が増すものです。そんな時、ドライブレコーダーを付けていれば映像として客観的な証拠が残り、いざという時にも安心で、ドライブを快適にしてくれます。

ひとくちにドラレコとは言っても、様々な種類があります。例えば、前方だけでなく車内を映してくれるタイプのものは、事故が起こらなくとも家族との楽しいドライブ中の映像を保存できて後から見返す思い出にもなりますし、同時に自動車後方を録画できるので煽り運転や追突の映像も撮ることが出来ます。最新式モデルは旧型のドラレコとは違い、360度録画できるカメラが付いており、側面からの衝突や自動車のすり抜けの際の事故にも対応できます。また、映像を証拠として提出する為に大切なのはナンバープレートの文字や数字がはっきりと保存されていることです。

旧型は日中に太陽が反射してナンバー部分が白飛びしてしまいうまく録画できないことがありましたが、最新式モデルは昼と夜で撮影モードを自動で切り替え、どの時間でも鮮明に録画できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です