安全運転に役立つデジタルタコグラフ

一定の大きさの事業用トラックに設置が義務付けられているタコグラフは、今の時代はデジタル式のものが主流です。それがデジタルタコグラフで、車を運転しているときの速度や時間、移動した距離などの情報を記録しておく機能があります。情報はメモリーカードや、クラウドに保存可能なのがデジタル式の運行記録計です。デジタルタコグラフを使用すると、ドライバーが安全な運転をしているかどうかを確認することが可能です。

記録が残るとなるとより安全を意識した運転を心掛けるようになるのが一般的な心理で、道路の安全を確保するために役立つと考えられています。デジタルタコグラフは、アナログタコグラフと比較するとより多くの情報を得られるのが特徴です。GPS機能が付いている製品が多くあり、位置情報や時間はもちろんのことエンジンの回転数や危険のある急な加速や減速についても記録されます。最新式のクラウド型のデジタルタコグラフでは、ドライブレコーダー機能付きで、運転中の画像の中から危険な画像が自動で抽出されるものなども登場しているので注目です。

運転手にとっては監視されているように思われがちですが、安全に注意をして運転するようになる効果があります。ドライバーが長時間連続勤務するような状況を避け、事故を減らすことを目的にタコグラフの設置は義務化されています。もし対象となる車に取りつけていなかった場合には、交通違反となり白切符として違反点数が加算されるため注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です