クラウドデジタコのメリット

従来型のデジタコは記録された走行データがSDカードなどの記憶媒体に保存されて、後でデバイスに接続して記録を確認できるという仕様でした。一方でクラウドデジタコは走行データがクラウド上に記録されるので、いつでもデータを確認する事ができます。SDカードのなどの記憶媒体に記録される場合は、それ自体がないとデータの確認ができませんが、オンライン上に蓄積されていくので、パスワードさえ分かればデバイスとインターネット環境だけで、いつでもデータを閲覧する事が可能です。オンライン上の記録が蓄積されるので記憶媒体の容量不足で過去の記録が上書きされて、必要な時に確認できなかったり、物理的に破損したり紛失する事がありません。

コスト面でも短期的にはコスト高になっても、長期的に考えると従来のものよりも安いコストで使用できます。企業側のメリットとしてはリアルタイムで走行状況を把握できるので、安全性の向上や配車状況を把握できます。これによってドライバーにすぐに指示が出せるので、安全面でも効率面でも大きな業務改善を実現されます。データーをクラウド上で共有できるので、関連部署で共有できるので計画を立てやすいです。

ドライバー側にもクラウドデジタコを導入する事でメリットがあって、オンライン上で運行状況を管理側が把握できるので定期報告も必要なくなりまし、日報の作成も簡単になります。全てのドライバーの運行データが同じように蓄積していくので、公平な運転評価をしてもらえる環境が整います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です