業務の効率化をサポートするクラウドデジタコ

ネット通販の急成長や新型コロナによるステイホームによって、運送業界の重要性が実感として理解されるようになりました。また運送業界が抱える人員不足や効率的な配送業務の実現にデジタルタコグラフが活用されており、車両の位置情報の把握、正確な運行状況との比較、配送計画の立案、安全性や燃費向上といったメリットが知られています。そんな中デジタコをクラウド化する動きが加速しつつあります。一般的なデジタコではSDカードなどを用いて様々な情報を保存しており、帰社後にパソコンに情報を移す必要性がありましたが、クラウド型にするとそのような手続きが不要になります。

この他にもリアルタイムの位置情報を常に把握できるため、渋滞情報などを加味しながらドライバーに指示し空いた車両を効率的に運用できます。さらにリアルタイムで位置情報を把握していることでのドライバーに緊張感が生まれ、さまざまな交通情報を加味するため、無理に急ぐ必要もなくせます。ドライバーにとってもデジタコのクラウド化はメリットがあります。日々の運転業務に加えて、義務付けられている日報作成負担の軽減、リアルタイムで位置情報を把握されているため発着の報告も不要、クラウドによって運転状況が把握されているため、運転評価もより公平になります。

ますます重要性が増す運送業界にとってデジタコのクラウド化は、人員不足が指摘されるドライバーの負担を軽減するとともに、業務の効率化を実現するシステムとして活用が進められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です