デジタコクラウド化のメリット

近年デジタコの義務化が推進されています。従来のデジタコは交通事故抑止や、燃費の削減など画期的なツールに思えて欠陥も存在します。それは、リアルタイム情報ではないことです。車両に搭載されたSDカードを業務終了後にパソコンに繋ぎデータを利用します。

つまり、都合が悪いならカードを抜くこともできたわけです。カードを記録できない状態にしておくことは違反ですが、見つからなければ違反切符も切られません。それらの欠点を補うのがデジタコのクラウド化です。メリットとして、リアルタイム情報だということです。

新たにソフトを導入する必要もなく、管理者側はIDとパスワードにさえ気をつければ、社内の人間だけがクラウドにアクセスでき、情報を活用することができます。危険な運転状況にあるドライバーには、その場で注意喚起することができますし、配車状況を的確に把握し急な配送のある時は、一番近くにいるドライバーに依頼することもできます。また、空き車両を忙しい営業所に回して、稼働効率を上げることも可能です。クラウド化のメリットはドライバーにもあります。

毎日の日報を自動作成してくれることです。これにより、ドライバーの負荷が軽減されます。また、出発や到着などのドライバーから管理者への定期連絡も、クラウド上でリアルタイムに把握できるため省略できます。そして、全てがリアルタイムで公平に記録されるため、ドライバーの評価を公平に行うことも可能です。

管理者とドライバー双方にメリットがあり、従来のデジタコのデメリットの穴も埋めることのできるクラウド型デジタコは、通常の3倍ほどの価格がして負担が大きいですが、本当の意味での業務効率化を考えると、長い目で見て必要な出費なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です