画像検出もできるデジタコを低価格で導入できる

一般的に、タコグラフはトラックのドライバーが安全に走行できるようにと考えられて導入が義務付けられているものです。労働時間外の業務を強制されていないか、あるいは会社にとってリスクの高い運転をしていないかなどを確認できます。ただ、昔のタコグラフと異なって近年のデジタコは非常に高性能で、さらに詳細な情報を収集できるメリットがあります。例えば、クラウドと連携をしてデータを保存できるものです。

10万円前後の価格のモノを購入すれば、ネットワークを経由して情報を記録していくことができるため、大変便利です。しかも、ドライバーが安全に運転を行っているかどうかを確認するための機能も付いています。走行中に状況を撮影することが可能なので、リスクの高い運転を行っているときにはその画像を自動で検出できるような機能も存在します。そういった画像を集めておけば、会社にとってリスクの高いドライバーに対して業務の改善命令を出すことも出来ます。

また、低価格帯のデジタコであっても最低限の機能が付いていれば、ボタン操作だけで記録ができるものもあります。それまでのタコグラフは、高い価格であったとしても記録を自分で付けていかなくてはいけないものもありました。特に、日報をドライバーが作らなくてはいけないなど面倒な部分もあったのですが、デジタコではこういった面もないです。自動で日報を作ることができますので、ドライバーの負担も軽減できるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です