価格の相場を理解して最適なデジタコを導入しよう

デジタコの価格は、安いと5万円程度から購入できるものです。ただ、高性能なものを使うと考えると相場で10万円程度は必要になります。ポイントになるのが、高性能なデジタコにどういった機能が付いているのかということです。それぞれの会社で、デジタコについている機能に必要なものは違います。

ですから、価格を見てコストパフォーマンスに優れたものを購入しなくてはいけません。例えば、最低限の機能で良いのならばたった1つのボタン操作でデジタコを起動して記録していくものもあります。こういった簡易的なものは、主に高齢ドライバーであっても使うことができますので非常に便利です。ドライバーの数が豊富で、年齢層にも違いがあるときにはこういった低価格の品質の良いものを購入しておくと無難です。

一方で、多くの機能を搭載しているものを購入したいと考えているときには、20万円以上の価格がするものを選択するのも一つの手段です。確かに、1台あたりの価格は高くなりますが、それだけ購入するメリットは多くなります。例えば、ドライバー確認を行うときに免許証を数ことによって認証できる機能が存在します。面倒な登録や操作をしなくても、簡単に認証ができるため業務上では非常に便利ですし、セキュリティ性も高くなります。

また、アルコールチェックを行えるものもあります。近年のデジタコは、単純に走行距離を測るものではなくドライバーの状況を管理できるものですので機能に応じて選択するのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です