デジタコの価格はなぜ高いのか

デジタコの価格は一般的には比較的高く、従来のタコグラフに比べると大きな負担となることも少なくありません。そのため現在の法律ではデジタコが義務化されていないことから、タコグラフの更新時期になっても今まで通りのアナログのものを選ぶと言う事業者も多いものです。デジタコは単純に運行情報をデジタルで管理し記録することができるものであり、その機能が網羅されていれば法律で定義する規格を満足することになるため、運送事業を行う上で法律的な支障となる事はありません。現在では運送業界は非常に不景気となっている傾向があり、経費削減のためにより価格の安いアナログのタコグラフを新たに導入すると言う事業主も多いのですが、実際にはデジタコならではの様々なメリットもあるのでこれを十分に意識して検討したいものです。

デジタコのメリットは単に運行記録をデジタルデータで取得することができるばかりではなく、その他の様々な情報を取得して一括管理を行うことができる点にあります。またすべてのデータをデジタルの形式で記録しているため、情報を取得した際にはパソコンなどを利用して簡単に集計をすることができると言うメリットも持ち合わせています。そのためこれだけでも非常に便利なものとなっていますが、クラウドを利用するとさらに効果的な情報を得ることができ、適切な運行管理をすることができるのが特徴です。検討を行う場合には価格に見合った機能を比較することが重要なポイントとなっており、その上で日々の業務に役立つ機能が存在しているかをチェックすることが非常に重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です