デジタコを価格だけで見分けるデメリットとは

デジタコは従来のアナログのタコグラフに比べて価格が高いことが多いため、その中でもできるだけ安いものを利用したいと考える人は少なくありません。複数台の車両に対して取り付けを行う場合にはさらにその負担が大きくなり、必要な機能を網羅していれば良いと言う判断から単純にタコグラフの取得だけができるものを選んでしまうことも多いものです。現在法律で義務付けられている内容は運行情報を記録することができる機能を搭載すると言うものであるため、これがあえてデジタコである必要はありません。しかし、デジタコに搭載されている機能の中には、運行管理を確実に行う上で非常に役立つ機能が多いのも特徴です。

特に最近ではドライブレコーダーの装着が必須となっており、様々なトラブルを未然に防ぎ安全で確実な運行を行うためには必要不可欠なものとなっているのか、様々なトラブルの要因を記録する上でも重要な情報となります。そのため、これらの情報をデジタコと連携して記録し、様々な運行記録に生かす事は非常に有効な方法となっています。デジタコには様々な機能が搭載されており、その機能が豊富なほど価格も高額となる場合が少なくありません。そのため、単純に価格だけを見て比較する事は重要な機能を利用することができないと言うデメリットが生まれるものです。

この点を十分に意識した上で、必要な機能を網羅しているものを選ぶことが重要であり、安全で確実な運行管理につなげることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です