デジタコ義務化は前向きに捉えよう

ある重量以上の事業用貨物自動車は、タコグラフ(運行記録計)の設置が義務化されています。設置していないと罰則があるので、運送事業など営んでいて条件にあてはまる自動車を保有している場合は、必ず設置しなければいけません。タコグラフの設置義務化は、現在はまだ事業用貨物自動車すべてに適用ということにはなっていませんが、もしかしたら近い将来には重量に関係なく全車両に設置が義務化される可能性もありえます。運送業界では、ネット通販の普及によって仕事量が増大している一方で人手不足が深刻化しているなどの問題もあり、長時間労働などが蔓延しているとされており、国土交通省なども危機感を持っています。

運送業界の安全を確保するために、タコグラフの設置義務対象を拡大する可能性は十分ありえます。設置義務が拡大されると困ると考えている運送会社は少なくないかもしれません。特に中小規模の会社はそうでしょう。しかし、タコグラフの設置は会社の業務の効率化にもつながるかもしれないので、前向きに検討してみてもいいのではないでしょうか。

現在はクラウド型デジタコというものが登場していて、このデジタコはGPS機能や自動日報作成機能など便利な機能がついているので、単に記録計として使えるだけでなく、業務を効率的にするためのソリューションツールとしての役割も期待できます。実際にクラウド型デジタコを導入したおかげで、配車が効率的にできるようになったり、労働時間の短縮になったという声は多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です