義務化されているデジタコで業務効率をあげよう

タコグラフは、アナログ式のアナタコと呼ばれるものが主流でした。確かに、これを利用してもドライバーの運行状況を記録することは可能です。しかし、実際に利用するうえでいくつか問題点もあったのも事実です。その大きな問題点の1つとして、誰でも簡単に使えるわけではないという点がありました。

アナタコは、チャート紙を利用して運行状況を解析していくことになりますので、経験やノウハウが必要であったという背景があります。タコグラフは義務化されていましたが、この影響もあって使いづらいものとして認識されていました。この点、デジタコが登場してから非常に使いやすくなっています。デジタコは、義務化されていた従来までのタコグラフと比較してもデータ解析が非常に簡単です。

具体的には、カード型で読み取ることができるものなどがありました。SDカードなど、データを保存できる媒体を準備しておき、それをパソコンに接続すると情報を分析できるようになっています。こうすることで、初めて利用する人であっても簡単に扱えるようになりました。さらに、デジタコは進化してクラウド型のサービスも登場します。

記録媒体をわざわざ運ぶのではなく、ネットワークを経由して直接的にオンラインで記録するようにしています。こうしておけば、バックアップを取る必要もありませんし、非協力的なドライバーがいても問題ありません。義務化されていても、簡単に運転日報なども制作していくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です