義務化の流れを利用してデジタコに変えよう

基本的に、トラックなどの運転状況を記録するためのタコグラフは、ドライバーと事業者の双方の安全を保証するうえでもその設置が義務付けられています。従来までのタコグラフは、記録を手動で行わなくてはいけないなどの面倒さが存在し、そこに保存されているデータもすべて自分で管理しなくてはいけないという難点がありました。実際に、タコグラフの設置が行われている自動車のドライバーは、日報を手書きで作らなくてはいけませんので非常に面倒です。こういった煩わしさを無くしてくれたのが、デジタコです。

タコグラフの義務化が進められてからかなりの年月が経過していますが、技術が進化したことによってタコグラフの状況も変わってきています。デジタル式で利用できるデジタコに関しては、単純な運転状況を記録するだけではなく、ドライバーの現状を報告するのに必要な様々なデータを送信してくれるメリットがあります。例えば、GPSによって位置情報が特定できますので、リアルタイムでどういった運行をしているのかを確認できます。義務化されていた従来型のタコグラフでは、わからなかったデータを容易に集めることが可能です。

デジタコの登場は、業務の効率化を進める上でも非常に重要です。自動で記録を行ってくれますので、タコグラフの義務化であったような日報の手書きもしなくて済むようになるからです。運行データを自動で作ってくれますので、ドライバーはそれを印刷するだけで問題ありません。デジタコの義務化のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です