タコグラフ装着は義務化され導入が検討されるデジタコ

タコグラフの装着はすでに2017年には車両総重量7t以上、または最大積載量4t以上の事業用車両について、新規購入だけでなく、既存車両についても搭載が義務化されます。義務化される前からタコグラフ自体はデジタルもアナログもありました。デジタルとアナログの大きな違いはデジタルのほうがより詳細なデータを記録できることと、ドライバーは業務記録を付けることが義務化されているのですがデジタコであればその業務記録をすぐにつけることができるという点です。導入が推奨されているデジタコですが、導入をするにあたり一台数十万円するものもあります。

国からの助成金もありますが、助成金を受けるのにも条件があります。最近はクラウド型のデジタコもあるようなのですが、なかなか導入のハードルは高いようです。もちろんデジタコを導入したことで燃費のいい運転を意識するようになった、燃料費を浮かすことができたという声もあるので悪いことばかりではありません。何よりもタコグラフ、特にデジタル式の導入はドライバーの安全運転、勤務管理、事故を少なくするという目的で義務化がされているのです。

しかしドライバーの中にはデジタコ装着を「見張られているようだ」というので嫌がる人もいるようです。タコグラフの記録を見て「もっと燃費のいい運転をするように」と上司から叱責されるという人も少なくないようですし、せっかくデジタル式を導入しているにも関わらず記録を書き換えられたという声も中にはあります。機械の導入だけでなく、ドライバーに無理な運転をさせないというのは事業者側も徹底する必要があります。デジタコの義務化のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です