あなたも納得のおせち
2018年10月3日

おせち料理に込められた意味と願い

お正月には欠かせないおせち料理は、地域によって多少は異なるものの、およそ40種類くらいの食材が使用されているため、栄養バランスに優れた料理です。

しかし、これだけの食材を揃えて料理するには大変な手間がかかるため、多くの家庭では一部の料理を市販品で賄っているケースがほとんどで、中には全てセットになったセットを購入する家庭も最近では多くなっています。

ただ、セットになっているものは洋風や中華などにアレンジされているものも多く、おせち料理の持つ本来の意味から離れてしまっていることもあります。

おせち料理には子孫繁栄や五穀豊穣、無病息災などの意味が込められているため、ただ豪華であれば良いというものではなく無くてはならないものがあります。

それは田作り、数の子、黒豆の3種類で「祝い肴」と呼ばれ、ごちそうは無くても祝い肴さえあればお正月を迎えられると言われているほど、重要なお正月料理です。

田作りは小魚ですがお頭付きで豊作祈願の意味があり、数の子には子宝に恵まれるようにと子孫繁栄の意味が込められ、黒豆は「まめ」に働き元気で暮らせるように、という人々の願いが込められています。

他にもお祝いの水引を表しているいる紅白なますや紅白かまぼこ、煮物に使われるれんこんには将来の見通しが良くなるようにという意味があり、ごぼうは地に根をしっかりと張って家が代々続くように、タケノコは天に向かって真っすぐ伸びるようになど、全ての料理や食材に意味があります。

豪華な料理をただ食べるだけではなく、意味を把握しながら一年の始まりを考えてみるのはいかがでしょうか。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です