あなたも納得のおせち
2018年10月3日

おせちの詰め合わせを美しく

美しく盛り付けられたおせち料理は、正月の華やかさを演出するとともに、食する喜びを感じさせてくれるものです。

一般に料理の数は奇数がおめでたいとされています。盛付けが偶数の方が納めやすいという場合には、南天等のあしらいをのせて奇数と数えることもよいです。

お重には三段重や4段のもの等ありますが、家族の人数などにより選びます。

どの段に何をというきまりは特にないですが、例えば一の重には、祝い魚やきんとんなどの口取り、煮の重にははまぐりの焼物などのすすめ肴を盛り、三の重には煮物等というようにして取り分けやすく見た目も美しくおさまるようにします。

おせち料理の盛り付けにはあしらいが大切です。例えばチョロギは長老喜、千代呂木等の字があてられ長寿の縁起物ですが紅白のチョロギはめでたさだけでなく、パリパリとした歯触りも楽しめます。

栗きんとんはおせちに欠かせない一品ですが、これを盛りつける時に使えるのはユズリハがあります。ユズリハは新緑がでてから古い葉が落ちるため子孫繁栄の象徴といわれます。

正月らしいあしらいはつくばねです。羽根のような姿で八方に広がる葉の形がおめでたいとされます。松は常緑で樹齢が長いため長寿の象徴とされますが、おせち料理で使う時には松葉で刺して用いることができます。

南天は難を転ずるとの縁起をかつぎ赤飯等にもあしらわれているなじみのものです。これらは縁起物としてよく使われる植物ですが前もってよく洗い、使用する直前まで水につけておくとよいです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です