あなたも納得のおせち
2018年10月3日

おせちの由来や食材の意味について

お正月にはおせちは必ず用意されていますが、おせち料理には由来や種類などがあります。

おせちは、御節句の略で奈良時代に中国から伝わった五節句の日に、宮中で節会という宴が催されました。この宴に振舞われたり、神様に供えられた料理が御節句といいます。

宮中行事の五節句を江戸時代に庶民が生活に取り入れるようになり、一年の節目であるお正月に食べる料理をおせち料理と言うようになりました。種類が多くあり、意味もあります。

料理は通常は重箱に詰めて重ねますが、これはおめでたい事を重ねるという願いが込められているものです。地域などによって異なりますが、正式は四段重です。

一の重には、お酒のおつまみになるような料理「祝い肴」、二の重は、お菓子のような甘い料理が詰められる「口取り」、三の重は海の幸を焼いた料理の「焼き物」、与の重は野菜の煮物や山の幸が詰められる「煮物」です。

黒豆や数の子などが詰められますが、それぞれの食材にも意味があります。黒豆は家族が一年まめに働けるようにという意味や、黒色が邪気を払い不老長寿をもたらすという意味もあります。

数の子は子孫繁栄、田作りは、江戸時代に田んぼの高級肥料としてごまめの材料の片口いわしが使われたので、豊作祈願という意味が込められています。

海老は長寿の願い、伊達巻は知識が増えて文化が発展するように願いを込め、紅白の蒲鉾はおめでたい組み合わせという以外に新しい門出にふさわしい食材です。

紅白なますはおめでたさを表現し、栗きんとんには商売繁盛、レンコンは将来の見通しが良くなるように願いを込め。昆布巻きは長寿の意味があります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です